食材のラベルに画像を使用

我が家の食材のケースにはパソコンで作成したラベルを貼っています。
小麦粉、唐辛子、ニンニク、しょうが、片栗粉などは画像とネーミングをラベルにしてケースに貼り、パッと見でわかるようにしているのです。
我が家は安物で済ませる主義なので、片栗粉は馬鈴薯使用の安いものしか買っていません。
しかし、ラベルは本物のカタクリの花をネットで探しDLしてラベルにしました。

これは、私自身が実際のカタクリの花を見たこともなく、本物の片栗粉も食したことがなく、カタクリとはどんなものか知らずに大人になってしまったので、子どもには日常で使うラベルを見ることで本物のカタクリはこういう花から獲れる粉なんだというのをナチュラルに覚えてもらいたかったからです。
小麦も、通常見ることのない穂の状態の画像をラベルに使用しています。
本物に触れあう機会があればいいのですが、なかなかそうもいかない環境なので、せめて画像で知識を得られるといいかなあと思っています。

Comments are closed.